豪経済リスク分析 (IMFレポート) 2014年10月9日 - 豪ドル見通し

豪経済リスク分析 (IMFレポート) 2014年10月9日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪経済リスク分析 (IMFレポート) 2014年10月9日

■IMF(世界通貨基金)は、今後2年間で豪失業率はフィリピンに次いでアジア太平洋地域で第2位の高さになるだろうとの予測を発表しました。
IMFでは、豪失業率をが、2014年平均水準は6.2%、2015年の平均水準は6.1%になると予測し、フィリピンの平均水準失業率6.9%~6.8%に次いで太平洋地域でワースト2位になるとの見通しを示しています。



■失業率の安定数値
IMFは世界経済見通しで経済成長率を、2014年2.8%。2015年を2.9%へと上方修正していますが、長期的に雇用安定に必要な水準である、豪経済成長率3.25%を下回っているため、当面は豪失業率の改善は見込めないと予想されます。
背景には、鉱業(資源産業)への投資の減少から輸出が減少し豪経済成長率の低下につながっていると分析されています。


■豪経済のリスク
長期に低金利が続くと国民世帯の借金が増えるなどのリスクがあります。
シドニーやメルボルンなど大都市での住宅不動産の急激な値上がりやそれにあわせて国民世帯の負債額が上昇し、特に、国民世帯の収入水準に対する負債水準は150%という過去最高の悪化になっています。
(不動産市場→加熱→不動産賃貸料→上昇→住宅購入者・商業テナント→費用が上昇→負債額が増加→消費マインド低下→経済活動→低下へ→雇用悪化へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2590-8441a05a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。