豪ドル見通し < 豪ドルのリスク分析 > 2014年10月11日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し < 豪ドルのリスク分析 > 2014年10月11日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し < 豪ドルのリスク分析 > 2014年10月11日

< 豪ドルのリスク分析 >

■今週は・IMF(国際通貨基金)OECD(経済協力開発機構)による、世界経済の成長率が下方修正されました。
この発表を受けて、世界の株価は下落し主要通貨は円に対して下落する展開となりました。
※ 豪ドルなど主要通貨は、NYダウ株式の影響を強く受けますので、この下落により豪ドルは大幅に下落する展開となりました。

IMF(国際通貨基金)
OECD(経済協力開発機構)



■IMF(世界通貨基金)発表
豪失業率はアジア太平洋地域でフィリピンに次いで第2位の高さに悪化するとの予測を発表
・豪失業率は、2014年平均水準で6.2%、2015年の平均水準で6.1%になると予測し太平洋地域でワースト2位になるとの見通しを示す
・長期的に雇用安定に必要な水準には、豪経済成長率が3.25%を達成しなければならない
・背景には、鉱業(資源産業)への投資の減少から輸出が減少し豪経済成長率の低下につながっていると分析



■豪不動産リスク
豪住宅不動産の急激な値上がりやそれにあわせて国民世帯の負債額が上昇し、特に、国民世帯の収入水準に対する負債水準は150%という過去最高の悪化になっています。
(不動産市場→加熱→不動産賃貸料→上昇→住宅購入者・商業テナント→費用が上昇→負債額が増加→消費マインド低下→経済活動→低下へ→雇用悪化へ)



■豪経済にリスクがあるため、安全な豪債権が買われ投資活動が低下し、買われていた豪ドルは売られ豪債権が買われています。
この点から、豪ドルなどに投資されていた資金が逆流したため、豪ドルは下落する結果となっています。
(豪経済→リスクあり→投資に対してネガティブ→豪ドルを売り→安全資産の豪国債する流れ→豪ドル下落)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2595-46779b7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。