日銀国債買いオペ通告 2014年10月14日 - 豪ドル見通し

日銀国債買いオペ通告 2014年10月14日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


日銀国債買いオペ通告 2014年10月14日

■日銀買いオペ
日銀が9,000億円の買いオペを実施を発表しました。
5年超10年以下 = 4,000億円
3年超5年以下 = 2,000億円
1年超3年以下 = 3,000億円


■この発表受けた直後から円安が進んでいます。
最近の日銀は、日経平均株価の下落や円高が進むと買いオペを実施する傾向があり、今後も日経平均株価の下落や円高を止めるために、買いオペを実施していると予想されます。



■買いオペの効果
(A)金融機関などが保有する国債の買入れるなどして、を増加させ、市中に貨幣を供給することを進める政策。
結果として、貨幣は増額しますので円の価値が下落し円安へと誘導されます。
「公開市場操作(オープン・マーケット・オペレーション)」
(買いオペ→市中の債権を買い取る→代わりに→市中の貨幣量増加→貨幣量が増加するので貨幣価値が下がり→金利が下がる/通貨安)


(B)5年超10年以下の国債が買われると、長期金利は低下します。
この点から、金利は低下し金利差を魅力とした為替取引では円の魅力は低下するため、円が売られ他の主要通貨は買われる展開となります。


(C)国債が買われると、額面金額と購入金額の差額が小さくなるため、償還(換金)された時に利回りが低下します
※ 国債が買われると、購入金額の上昇から表面金利と換金分の割合が低下する
  (国債価格→上昇→利回り→低下→国債の信用度とリスクの→度合いを知る尺度)



■豪ドルへの影響
※ 現在の豪ドルはテクニカル分析の範囲内で値動きが続いていますので、テクニカル分析優先の値動きが続いてることになります。


※ テクニカル分析・・・→< 豪ドル予想・テクニカル分析 >
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2602-5036288b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。