豪ドルの値動きを予想する 2014年10月17日 - 豪ドル見通し

豪ドルの値動きを予想する 2014年10月17日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドルの値動きを予想する 2014年10月17日

2014年10月17日

■豪ドルは、サポートライン(D)を割り込んだ時点から下落継続し、レジスタンスライン(A)を基準とした値動きが動きが続いています。
このライン(A)に沿った下落が続くとサポートライン(C)までの再度下落の可能性があります。

現在の豪ドルは、終値ベースでライン(B)での攻防が続いている状況ですので、現在終値でライン(B)を割り込んで下落が加速するのか? レジスタンスライン(A)を超えてトレンド転換へと向かうのか? 
レジスタンスライン(A)を超えると、下洛トレンドは一旦終了すると予想されますので、ライン(A)を上に超えた時点でポジション調整をする必要があります。


■各ラインをでポジション調整の方法
先週に引き続き、レジスタンスライン(A)とライン(B)を基準とした値動きを見ていく必要がありますので、トレンドと時間足の変動率(ボラティリティ)と各ラインを重ね合わせながらポジション調整をしていきます。
レジスタンスライン(A)に沿った値動きで売ポジションを継続し、レジスタンスライン(A)を超えた時点でポジション調整へ。
※ トレンドは下落継続中ですので、サポートライン(D)を割り込んだ時点からショート(売り)ポジション保有が前提となります

※ トレンド・変動率(ボラティリティ)は・・・→豪ドル見通し<豪ドル予想・テクニカル分析>で更新しています



■リスク要因・・・→ NYダウ株式・日経平均株価大幅下落 2014年10月16日 掲載記事へ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2612-0820b445

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。