中国消費者物価指数(CPI)【10月】 2014年11月10日 - 豪ドル見通し

中国消費者物価指数(CPI)【10月】 2014年11月10日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


中国消費者物価指数(CPI)【10月】 2014年11月10日

■中国CPI(消費者物価指数)【10月】
[ 消費者物価指数:CPI ]・・・(+)1.6%  (前回数値:1.6%)
[ 生産者物価指数:PPI ]・・・(-)2.2%  (前回数値:1.8%)



■中国経済の状況
インフレ率が1.6%と低い水準で推移しているため、中国経済の景気減速が続いています。
(消費者物価指数→下落→消費量→減少→企業の物の供給量→減少→企業収益→減少→雇用不安定へ→消費が更に減少→景気悪化の→サイクル)



■中国CPIが示すもの
CPI(消費者物価指数)は1.6%まで低下し、経済成長(7%台)を維持するための、金融/財政面で柔軟な金融刺激政策の拡大可能性がでてきましたが、現在、中国政府は金融刺激策の実施はしないと公表しているため、インフレ率や中国経済成長は、低下傾向にありますが、これは長期的経済成長7.0% を安定維持させるためや、高騰している不動産市場の過熱を抑えることを優先していると予想されます。
この点から、中国の消費者物価指数(CPI)の低下は、中国経済の長期安定政策の現れと捉えることができます。
(CPI→低い水準→物価上昇を抑制→食料品価格・不動産価格→安定させる/高騰を抑える→現れ)
(CPI→低水準で推移→物価安定→長期安定経済成長→優先)



■現時点で中国政府は金融刺激策をしないと公表しています。
今後、金融刺激政策が実施されると中国の景気上昇への先行期待観測となりますので、景気上昇から内需が上昇し商品需要を増加させます。
この点から、輸入の伸びを上昇させるため中国へ資源を輸出する側のオーストラリアはの貿易量の増加を通じてオーストラリア貿易収支と豪ドルにポジティブに影響することになります。
(中国輸入は→オーストラリアから→輸出量とつながる→中国の中国輸入量が→オーストラリア経済に影響する)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2660-80918f8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。