豪ドル上昇の背景をしる 2014年11月15日 - 豪ドル見通し

豪ドル上昇の背景をしる 2014年11月15日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル上昇の背景をしる 2014年11月15日

■消費増税延期と衆院解散
日本の消費増税延期や衆院解散の観測を背景に、投資選好の円売りが続いています。
消費税10%への増税が延期されると、日本の景気回復へつながるとの期待から投資が選好される状況です。
金融市場では、既に衆議院の解散・総選挙の観測から日本経済の景気回復への先行期待が日経平均株価を押し上げています。
日本で選挙に向けた景気刺激策強化や選挙後の消費税10%への増税延期の可能性による景気上昇への期待感などから、投資選好を後押しさせているもようです。
(投資選好→株式や豪ドルに→資金が流れる→豪ドル上昇へ)



■消費増税延期と衆院解散の観測は投資選好を高めますので、円を売って利益を得る値動きが加速していますので、投資の側面から見ると、豪ドルなど金利が高い通貨などに投資されます。
この点から、金融市場にリスクがない状況下においては、GDP(経済成長率)が安定し金利が高い国の通貨が買われる傾向が強くなります。特に豪ドルの上昇が顕著に現れています。
(市場に→貨幣・資金→供給→ 一部は投資資金になる→為替市場→変動→80%~70%→金利差→魅力のある通貨へ→投資される)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2672-2487158e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。