豪ドル見通し <豪ドル予想 テクニカル分析> 2014年11月20日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し <豪ドル予想 テクニカル分析> 2014年11月20日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し <豪ドル予想 テクニカル分析> 2014年11月20日

< 豪ドル予想 テクニカル分析 >

red-3 本日の予定
(中) HSBC製造業購買担当者景気指数(PMI)
(欧) PMI製造業
(米) 消費者物価指数(CPI)
(米) フィラデルフィア連銀景況指数
(米) 中古住宅販売件数
(欧) 消費者信頼感



black-3 短期分析 [ 想定範囲:2時間足~日足 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ 中立

(1)100円半ば・101円半ばにサポートラインがあり
  (サポートライン割れでトレンド転換へ)

(2)102円前半にレジスタンスラインがあり

(3)・・・→ レジスタンスラインとサポートラインの間は中立トレンドへ
   ・・・→ サポートライン割れでトレンド転換へ




black-3 現在の予想変動率 = 約0.27(2時間足)~0.92円(日足)の変動幅(ボラティリティ)




black-3 中長期分析 [ 想定範囲:1週間~2ヶ月間 ]長期投資やスイングトレードの目安
[ 予想トレンド ] ・・・→ やや上向き

中長期トレンドはやや上向きの状況となっていますので、長期投資やスイングトレードに最適な値動きです。


[ ポジション調整 ]
(参考)トレンドが中立の間は、安値が限定的となりますので、値動きが予想レンジ最大下限値へと下落すると、買いポジションの増額調整へ
逆に値動きが予想レンジの最大上限値前後へと上昇するとポジション減額調整へ


[ 予想レンジ ]
約1.92円(1週間)~3.85円(2ヶ月)のレンジの範囲内で上・下する状況です
・ X(始値・高値・安値)+3.85円=X+1.92円~3.85円(最大上限値)
・ X(始値・高値・安値)-3.85円=X-1.92円~3.85円(最大下限値)


現在の予想変動率 = 始値・高値・安値から、約1.92円~3.85円(ボラティリティ)



orange-3 ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

orange-3 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2682-8bfc6ce8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。