日本国債格下へ(格付け機関ムーディーズ) 2014年12月1日 - 豪ドル見通し

日本国債格下へ(格付け機関ムーディーズ) 2014年12月1日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


日本国債格下へ(格付け機関ムーディーズ) 2014年12月1日

■格付け機関ムーディーズが日本国債格下へ
日本の政府債務格付をAa3・・・→ A1へ 1段階格下げを発表しました。(見通しは安定的)



■ムーディーズは格付け理由として
「 財政赤字の中期的な削減目標の達成可能性に対して不確実性が高い 」
「 中期的な日本国債の利回り上昇リスク 」
「 成長促進策に関する不確実性 (マイナス経済成長)」
と上げています。



■現在日本の財政赤字削減が進まず、増加していることになります。
一方で、日本の債務残高を表す、日本長期国債利回りは、日銀による量的緩和により、0.43%と低水準で推移していますので、日本国債の急落や暴落の可能性は低いと予想されます。
現状では、金融市場への影響は少ない状況です。
※ 日本では日銀を中心に国債を買う量的緩和策や追加量的緩和により、市中の国債を買取り市中に貨幣を供給しているため国債利回りの低下が進んでいます。
(量的金融緩和 = 国債買入→市中に資金を膨大に供給→国債価格→上昇→利回り低下→国債リスクを現す)



■値動きへの影響
日本国債格下の発表を受けて、円の価値が下落したため、主要通貨は下落に歯止めがかかっている状況です。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2699-0fe5550d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。