豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2014年12月2日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2014年12月2日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2014年12月2日

■豪準備銀行(RBA)が、政策金利を2.5%に据え置くことを決定しました。


・低金利政策は、時間の経過とともに強化され需要と経済成長への支援を提供する必要がある
  (当面政策金利据え置きを示唆
最も賢明な金融政策は金利が一定期間安定すること
・豪ドルは最近、米ドルに対して下落しましたが、低い為替レートは経済のバランスのとれた経済成長のために必要



■ほとんどの部分で前月を踏襲した部分が見られましたが、RBAは豪ドルが米ドルに対して低い水準で取引されているとしているため、円に対しては上昇を警戒していない側面が現れています。



■豪経済への言及
豪経済成長は今後数四半期にトレンド少し下回ると予想され、インフレ率は2%~3%の目標に一致する見通し
失業率が、一貫して低下するには時間が必要になりますが、今後賃金の伸びがあっても、目標とするインフレ率(2%~3%)を維持するために低い為替レートを必要といます。
(賃金→上昇→物・製品のコスト上昇→インフレ率→上昇→2%~3%の目標を維持するため→低い為替レートが必要)
(低い為替レート→輸入コスト→低下→製品原価→低下→賃金上昇による物価上昇を→相殺する)



■豪ドルへの影響
最も賢明な金融政策は金利が一定期間安定することと言及したことから、豪準備銀行(RBA)が、政策金利を当面据え置きにすると予想されます。
当面政策金利は据え置かれる可能性が高いと予想されます。
(政策金利→当面据え置き→金利差の魅力→変化なし→豪ドル→AUD/USDなど外部要因で動く)


※ 現在の豪ドルはテクニカル面を優先した値動きが続いています。経済指標の結果は、テクニカル面の範囲内で変動する結果となっています。

※ テクニカル分析・・・→< 豪ドル予想・テクニカル分析 >
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2701-203bdde1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。