日本第3四半期GDP【下方修正】 2014年12月8日 - 豪ドル見通し

日本第3四半期GDP【下方修正】 2014年12月8日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


日本第3四半期GDP【下方修正】 2014年12月8日

日本GDP年率換算2014年12月8日

日本第3四半期GDP下方修正へ
11月17日に発表された、日本GDP第3四半期(2014年7月期~9月期)が年率換算でマイナス1.6%から・・・→マイナス1.9%へと下方修正されました。



■下方修正の背景
民間住宅投資 6.7%から・・・→6.8%へ(0.1%減少)、設備投資 0.2%から・・・→0.4%へ(0.2%減少) の2項目が、マイナス1.9%へと0.3%分GDPを下方修正させる結果となりました。
消費税の3%増税が大きく影響する展開が続いています。
消費税の増税は民間住宅の価格上昇による建設減少や消費支出の減少に関わる企業の在庫調整(在庫を減らす)が生産設備投資を減らすため、民間住宅投資と民間設備投資の減少が経済成長の減速を現しています。
(消費税→増税→住宅価格→上昇→住宅購入→減少→住宅建設が減少するため→住宅建設に対する設備投資→減少)
(消費減少を→意識した企業→在庫を減らす→生産・設備投資→減少→生産・設備投資に関わる産業→減速→経済減速へ)

※ 今回の下方修正は、消費税の増税が消費者マインドの低下への影響が大きいことがわかります
※ 消費税の増税による消費減少は一時的とした政府、財務省、日銀による見解から著しく乖離
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

間もなく今年も終わりますので

本日は、携帯から失礼します。

今年も、間もなくで終了ですね。

いつも見通しを拝見していると

AUSさんも、

結構、利益取れているのかなと

思っています。

私の方は、月に1000Pips

取れた月が無かったので

そこら辺が反省点でしょうか。

残り僅か、ラストスパート

お互いに益を取って行きましょう☆

2014-12-09 09:22 │ from masaURL

Re: 間もなく今年も終わりますので

お久しぶりです。
お互いに、利益がでてなによりですね~!!

来年もお互いに利益がでるように、ブログを通じて意識を高め合いたいですね。

いつも、masa さんのブログを楽しみにしていますので、体調を崩されないように更新をしてくださいね!!

2014-12-11 23:21 │ from AUSURL

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2712-0feb3c93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。