2015年豪ドルの展望 2015年1月1日 - 豪ドル見通し

2015年豪ドルの展望 2015年1月1日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


2015年豪ドルの展望 2015年1月1日

2015年1月1日



< 2015年 豪ドルの展望 >

■豪ドルは週足で中長期トレンドでサポートライン(A)・(B)とレジスタンスライン(C)の間で値動きが続いています。
2015年はこのライン(A)・(B)~(C)の間で値動きが続くのか、各ラインを上/下へと越えた方向へのこのトレンドライン(A)を越えるて上昇が続くかが、1つの争点となります。



■オーストラリアでは失業率が高い水準で推移、資源輸出量と資源価格の下落による貿易収支の減少、労働人件費の上昇に伴う企業側の生産ラインや企業活動の拠点を海外に移す、生産セクターの減速など、オーストラリア経済は課題が多くあります。
※ 貿易条件の低下幅は過去50年以来の悪条件
(資源価格→下落→貿易収支は金額ベースで→減少→オーストラリア貿易関連セクターネガティブへ)



■豪ドルと豪長期国債
通常豪国債利回りに差が生じると金利差を目的とした投資選好から、金利の高い通貨が買われますが、最近では豪国債利回り(金利)が低下しているため、豪ドル特有のスワップポイントも少し低下し、スワップポイントを目的とした、投資選好はネガティブとなっています。
豪長期国債の値動きには、将来の変化予想が反映されることが多く見られますので、豪国債利回り低下は豪国債が買われていることを意味しますので、豪民間企業(特に資源セクター)への投資よりも、国債を買う安定が現れいます。
(国債利回り→低下→国債が買われている→企業投資など経済循環資本→よりも国債安定が優先→豪経済→過去のトレンドを→下回る)
この点から、豪経済は先進国の中では比較的安定的な経済成長をしていますが、2015年も以前のように資源を輸出に依存した経済成長が見込まれていないと予想されます。

一方で、豪長期国債利回りは低下よりも、日本長期国債利回りが低下すると、金利差が開き豪ドル円の値動きに影響を与えることになりますので、2015年は豪国債とともに日本国債利回りをみていく状況にあります。



■為替市場では、貿易収支などの実需のキャッシュフローが約20%~30%、投資による為替変動が約80%~70%となる状況があります。(実際の実需量と投資取引量により、さらに変動します)
このため、投資先として選ばれる豪ドルや豪投資信託への影響は投資による為替変動が優先する傾向にありますので、豪準備銀行(RBA)の政策金利の先行きが豪ドルの値動きに影響します。
一方で中長期的には、日本の赤字が続くと実需のキャッシュフローが少しずつ、円を売って外貨に変わるため円安傾向を強める傾向にあります。
RBAが当面政策金利を据え置くと予想されますので、金利差の魅力は現在を維持し、金利差を意識した投資活動から豪ドルは中立的状況が続くと予想されます。
(為替市場→変動→80%~70%→投資活動にるもの→金利差→維持→投資活動→中立を維持へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2750-28a190b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。