豪ドル見通し <テクニカル分析 NY市場> 2015年1月29日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し <テクニカル分析 NY市場> 2015年1月29日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し <テクニカル分析 NY市場> 2015年1月29日

< テクニカル分析 NY市場 >

red-3 豪ドルは昨日発表された、消費者物価指数(CPI)[ 前年比 ]が、1.7%と、準備銀行(RBA)政策金利の判断基準としている 3.0%(上限値)~2.0%(下限値)の下限値2.0%を下回り、金融市場では豪準備銀行(RBA)による政策金利引き下げ観測が高まり、豪ドルは下落する展開が続いています。
(豪政策金利→引き下げ観測→金利差→縮まる→金利の魅力→低下→投資選好→後退→豪ドル売り要因)


red-3 現在、変動幅(ボラティリティ)が高い水準で推移していますので、値動きの変動には注意が必要な状況となります。


短期分析 [ 想定範囲:2時間足~日足~3日 ]
[ 予想トレンド ]・・・→ 下落

(1)90円後半・90円近辺にポートラインがあり
  (このラインまで一時的下落する可能性があり)

(2)93円半ば・94円前半にレジスタンスラインがあり

(3)・・・→ レジスタンスラインまで上昇/戻しは一時的な可能性が高い
   ・・・→ 本日の安値91円半ばで、一旦短期的な下落が止まる場合、レジスタンスラインまで上昇/戻し後、下落する可能性が高い


black-3 現在の予想変動幅 = 約0.49(2時間足)~1.55円(日足)の変動幅(ボラティリティ)


orange-3 ボラティリティの使い方・・・→ 始値・高値・安値(+)(-)ボラティリティ数値 = 上限値/ 下限値  = [新規・決済]ポイント
 [新規・決済]ポイント = トレンドの方向(上昇・下落)+ ボラティリティ数値(数値分の値動きが発生 する)

orange-3 トレンドの使い方・・・→トレンドの利用方法(ポジション構成の調整ポイント)へ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2802-fd90b4e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。