日本全国消費者物価指数(CPI)【12月】 2015年1月30日 - 豪ドル見通し

日本全国消費者物価指数(CPI)【12月】 2015年1月30日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


日本全国消費者物価指数(CPI)【12月】 2015年1月30日

全国消費者物価指数2015年1月30日
■日本消費者物価指数(CPI)【12月:前年比】
[ 食料・エネルギーを除く(コアコア) ]  (+)2.1% (前回数値:+2.1%)
[ 生鮮食品を除く物価指数(コア) ]    (+)2.5% (前回数値:+2.7%)
[ 生鮮食品を含む総合物価指数  ]    (+)2.4% (前回数値:+2.4%)

※ 消費者物価指数、総合・コア・コアコア全てで、値は低下し、消費マインドはネガティブになっています。



■実質消費支出は(-)3.4%[ 前年比 ]と消費は着実に減少し、消費税の増税や所得の減少から家計の消費減速傾向が続いています。消費税の増税が大きく影響が大きいと予想されます。
※ 家計の消費支出は9カ月連続で減少


■消費者物価指数(CPI)は上昇は、物の購買から消費が上昇した現れと捉え、逆に消費者物価指数(CPI)の低下は消費の減少の現れと捉えることができます。
この点から、グラフを見ると日本の消費は、2014年6月から減速が続いています。
(物の購買/消費→増加→需要と消費の原則から→物の購買が増加すると→消費者物価指数→上昇→物の購買が減少すると→消費者物価指数→低下)
(物の購買→増加→物の価格が上昇しても→購入 ・ 物の購買→減少→物の価格が下落しなけらば→購入しない)
この点から、純粋な物の購買を表す数値である食品・エネルギーを除く(コアコア)指数が本来の、消費者が物の購買意欲を現す数値となります。)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2804-353d2c21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。