豪ドル見通し < 豪ドル週間レビュー > 2015年2月7日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し < 豪ドル週間レビュー > 2015年2月7日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し < 豪ドル週間レビュー > 2015年2月7日

< 豪ドル週間レビュー >

■今週、豪準備銀行(RBA)は、政策金利を2.25%引き下げまいした。(0.25%引き下げ)
RBAは政策金利引き下げの主な理由として、3点を上げています。

(1)最新の情報と予測から政策金利引き下げは適切であると判断した。

(2)政策金利引き下げは持続的な経済成長の促進とインフレターゲットの一致、さらにいくつかの経済的支援をサポートすることが期待されている。

 (3)重要な商品価格が大幅に下落しているため、低い為替レートはバランスのとれた経済成長を達成するために必要である。



■豪貿易収支
[ 1月 ] -4.36億ドル (前回数値:9.25億ドル)
9ヶ月連続でマイナス圏数値が続く結果となりました。

■豪小売売上高【12月】
[ 前月比 ] +0.2%     (前回数値:+0.1%)
前回数値・事前予想を下回る結果となりました。



■オーストラリアでは経済成長の低下が進んでいます。
継続的な低金利にも関わらず、個人消費は落ち込み、消費減速から企業側の雇用縮小、所得の減少などが続いています。
主な消費縮小と経済成長低下の背景には、豪政府の財政縮小政策や低金利政策による豪不動産市場の高騰が大きな理由にあげられます。

(財政支出削減→年金減額・公共事業・補助金など→無くなる→家計→今後の消費を控える→小売売上高→ネガティブへ→継続へ)
(通常→低金利政策→家計・企業→資金の借入→増加→経済活動→上昇→小売売上高→増加→現状の豪経済→低金利政策の効果が現れていない)

豪住宅不動産の急激な値上がりやそれにあわせて国民世帯の負債額が上昇し、特に、国民世帯の収入水準に対する負債水準は150%という過去最高の悪化になっています。
(低金利政策→借入金コスト→低下→不動産市場に資金→流れる→不動産市場→加熱→不動産賃貸料→上昇→住宅購入者・商業テナント→費用が上昇→負債額が増加→消費マインド低下→経済活動→低下へ→雇用悪化へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2818-027a3fdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。