FRB(イエレン米連邦準備理事会)議長、発言 2014年2月25日 - 豪ドル見通し

FRB(イエレン米連邦準備理事会)議長、発言 2014年2月25日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


FRB(イエレン米連邦準備理事会)議長、発言 2014年2月25日

■FRB(米連邦準備制度理事会)は、FOMC声明に記載されている、フォワードガイダンス(金融政策の先行きを明示する指針)の、「 忍耐強く 」との文言を削除すると述べました。
この「 忍耐強く 」との文言は、低金利を継続することに意味があり、「 忍耐強く 」の文言削除は、必ずしも利上げが行われる可能性を示すものではなく、FRB(米連邦準備制度理事会)がFOMC(米連邦公開市場委員会)の会合で毎回利上げを検討する方針にするとしたこと、言及しています。



■豪ドルへの影響
FRB(イエレン米連邦準備理事会)議長の、必ずしも利上げが行われる可能性を示すものではなくとの発言に低金利が当面続くとの観測から、豪ドルは小幅上昇で反応しています。
(米低金利政策→継続→可能性が続く→米貨幣→増加市場に→貨幣・資金→供給→ 一部は投資資金になる→為替市場→変動→80%~70%→金利差→魅力のある通貨へ→投資される)

(米低金利政策→継続→市中に供給する→貨幣量増加→量が増加する→米ドルの貨幣価値が下がり→豪ドル/米ドル→小幅上昇→円に対しても豪ドルは小幅上昇へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2845-83167eb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。