中国人民銀行(中央銀行)が政策金利を引き下げへ 2015年3月1日 - 豪ドル見通し

中国人民銀行(中央銀行)が政策金利を引き下げへ 2015年3月1日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


中国人民銀行(中央銀行)が政策金利を引き下げへ 2015年3月1日

■中国人民銀行(中央銀行)が政策金利引き下げを発表
1年物貸出基準金利を0.25%引き下げ、5.35%へ

この、金融緩和(預金準備金率引き下げ・政策金利引き下げ)は市中に貨幣を供給し経済活動を活発化させます。
中国人民銀行では、企業金融の資金調達を軽減させ、経済成長、物価、雇用の動向に適応を推進するために、政策金利を引き下げたと発表しています。
(政策金利引き下げ→借入コスト低下→企業の資金借入→後押し→企業→事業規模→拡大へ→経済活動増加→雇用増加→経済成長へ)



■豪経済への影響
今回の中国人民銀行の政策金利引き下げは中国経済と豪経済に対してゆっくりとした効果を与えます。
中国経済の減速から原油価格・鉄鋼価格など資源需要が後退し価格値が下落しているため、政策金利引き下げによる中国の経済成長後押しと中国へ資源を輸出している豪経済や豪ドルにはポジティブとなります。
特に中国への資源輸出量が多い、豪経済は恩恵を受ける傾向が強くなります。
(中国政策金利→引き下げ→金利が低くなるため→中国で資金需要→増加→中国の消費や企業の経済活動を後押し→中国の輸入量増加→中国はオーストラリア最大の貿易相手国→貿易量の増加→豪経済へはポジティブへ)



■金融市場では中国政府が、2014年の経済成長目標を7.5%へと設定していましたが、最近は7.3%へと低下し、IMF(国際通貨基金)が中国の経済成長を6.8%(2015年)・6.3%(2016年)へと下方修正しており、中国政府は7.0%台の経済成長維持に向けて政策金利を引き下げたと予想しています。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2853-9a8608f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。