豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2015年3月3日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2015年3月3日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA)政策金利・声明文 2015年3月3日

■豪準備銀行(RBA)が、政策金利を2.25%で据え置くことを発表しました、

・前月、政策金利を引き下げた、それは当面安定した金利を維持するのに適切である(前月引き下げた政策金利が当面安定した金利となると示唆していますので、政策金利引き下げは実施しなかった)

・今後、持続的な経済成長の促進とンフレターゲットを一致させるために、政策金利引き下げは適切である
 (今後の、政策金利引き下げの可能性を示唆している)



■今回は政策金利引き下げはありませんでしたが、豪経済には政策金利引き下げは適切な金融政策であると言及しているため、今後政策金利引き下げの実施や政策金利引き下げ観測が浮上すると豪ドルは下落する傾向が強まります。



■豪経済
最近のデータでは、豪国内全体のかなり弱い需要で、豪経済成長はトレンド以下のペースで続いていることを示唆しています。その結果、失業率は過去数年間徐々に高い水準に移動しました。
安定した労働市場の成長と、設定したインフレ率の達成には、今後1年~2年間さらに低い為替レートが必要であると言及。
(中国への資源輸出→米ドルを経由する→豪ドル→米ドルに対して下落必要→輸出を決済する過程で→金額ベース→増加→貿易収支増加→転換する)
(豪ドル安→金額ベースで見た貿易額→増加→貿易産業・鉱物産業を通じて→オーストラリア経済にはポジティブ→豪ドル→豪貿易産業と豪鉱物資源に関わる産業と経済→促進する)



■豪経済とCPI悪化
最近の豪経済は雇用状態をはじめとして、生産産業や資源産業の景気が悪く消費者物価指数(CPI)の低下に現れていますので、今後も豪経済を縮小させる可能性があります。
(経済活動→低下→消費減少→CPI→低下の現れへ)
最近発表された、2014年第4四半期豪CPIは1.7% と 2012年第2四半期につけた1.2%以来の低水準にまで低下し、豪経済では経済活動の低下が進んでいます。
(豪経済→縮小→傾向→雇用→悪化→所得減少→消費者物価指数→増減→消費量→増減→企業の物の供給量→影響→企業収益→影響→雇用と消費が更に増減→消費者物価指数と景気の→サイクル)
※ 豪第4四半期消費者物価指数(CPI)・基調インフレ
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2859-35e59b99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。