S&P/ASX200指数 2015年3月23日 - 豪ドル見通し

S&P/ASX200指数 2015年3月23日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


S&P/ASX200指数 2015年3月23日

S&PASX 2015年3月23日
■S&P/ASX200指数
S&P/ASX200指数は、5,956.10で、2008年2月以来の6,000ポイント近辺まで上昇しています。
豪準備銀行(RBA)の低金利継続と2月の政策金利引き下げを好感して、金融市場では低金利による市場への低金利貨幣供給が当面継続するとして、豪株価への投資が続いています。
(RBA→低金利継続→金融市場→低金利で資金→好感→投資量→増加→株価上昇)

※ オーストラリア株式の市場パフォーマンスを表す指標株価指数である S&P/ASX200指数



■現在の、S&P/ASX200指数推移が今後も上昇が進むようですと、金融市場は豪準備銀行(RBA)による政策金利引き下げを織り込み始めます。
これは、豪経済成長の低下傾向が続いており、RBAが政策金利を引き下げて経済を促進する可能性があるためです。
政策金利が引き下げられますと金融市場は低金利で投資資本を得ることができるため、その先行きから豪株価は上昇する傾向を現します。
この点から、豪経済成長が低下に反比例した豪株価指数の上昇には注意が必要です。

ウエストパック ・メルボルン 研究所では、豪準備銀行(RBA)が4月もしくは5月に政策金利を引き下げ、豪経済活動を活発化させることを期待すると示しています。
(政策金利→低金利→資金を借入れ易い→企業・家計→経済活動→促進→住宅や物の購買で→企業生産→増加→経済成長へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2900-3987bbcc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。