NYダウ株式大幅下落 2015年3月26日 - 豪ドル見通し

NYダウ株式大幅下落 2015年3月26日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


NYダウ株式大幅下落 2015年3月26日

■NY市場でNYダウ株式は292ドル以上下落し、引き続き欧州市場でNYダウ株式先物は120ドル以上下落が進んでいます。
この流れを受けて、豪ドルは欧州市場で予想サポートライン92円後半(26日掲載分)に到達する展開となりました。



■株式市場下落の背景
米経済指標(米耐久財【2月】)が前回数値と事前予想から大きく悪化しマイナス圏まで低下した結果、金融市場では株式を売却し米国債へと投資資金が移動したため、株式市場は大幅下落する結果となりました。
この流れは、為替市場で投資選好が低下し、米ドルや豪ドルを売却し円買いへと資金移動が進む値動きへとなりました。
(株式を→売却→国債→購入→国債価格上昇 / 利回り低下→豪ドルの変動にも影響する)
(米経済指標→悪化→替市場→米ドル→売却→強まる→米ドル→下落→投資選好→低下→豪ドル下落に影響している)



■米経済では失業率が、5.5%への水準まで低下したため、米政策金利の引き上げ期待や3月19日のFOMC(米連邦公開市場委員会)が声明文で、政策金利に関するキーワード「 忍耐 」(patience)が削除され、今後米政策金利引き上げの可能性が示唆されていましたが、昨日発表された、米耐久財【2月】が予想外に大幅に悪化したため、金融市場では米政策金利引き上げ観測が大きく後退し、米ドルは118円台まで下落し、投資選好が大幅に低下豪ドルの値動きにも影響する展開となりました。
(米政策金利→引き上げ観測→後退→金利差→期待した投資→減速→投資選好→低下→豪ドルの値動きにも影響へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2906-9be3aa57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。