商品価格の指標 2015年4月3日 - 豪ドル見通し

商品価格の指標 2015年4月3日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


商品価格の指標 2015年4月3日

SDR2015年4月3日

■豪準備銀行(RBA)が資源商品を独自に指数化したSDRインデックスベースで、2月に3.7%下落した後、3月には1.7%(月平均ベース)下落しました。
RBAでは下落の最大の原因は、鉄鉱石の価格と示し、ここ数年、SDR指数は主にバルク商品の価格の下落によって、19.7%下落しています。
鉄鉱石(石炭を除く)は2.25パーセントの減少していますが、LNG(液化天然ガス)は2.5%増加していますので、豪資源関連産業は鉄鉱石からLNG(液化天然ガス)へと移行が進みつつある状況です。

※ 商品指数SDR=オーストラリアの代表的な輸出品の価格動向の数値を算出した指数
※ 2013年・2014年の平均を値を100%としてグラフが描かれてます



■豪ドルは、鉱物資源をはじめてして資源が豊富で資源輸出量が多く、豪ドルは資源価格と連動したの通貨として位置づけられ傾向が強くありますので、鉄鋼石価格や石炭価格の下落と一致する傾向ががあります。
以上から、豪ドルは資源の輸出量と資源価格により連動する傾向が強く、資源価格の変動が値動きに大きな影響を与えることになります。
最近の豪資源産業ではLNG(液化天然ガス)の増産が進みつつありますので、豪資源関連と豪ドル連動性にはLNG(液化天然ガス)を含む資源関連指標を把握していく状況にあります。



2013年5月15日資源投資LNG

■上記グラフから資源産業への投資はLNG(液化天然ガス)、鉄鉱石、石炭、石油、の4つの鉱物資源が主となっており、上記グラフ右側から今後はLNG(液化天然ガス)への投資がオーストラリアの主要な資源になることを示唆しています。
この点から、LNG(液化天然ガス)への投資が生産・輸出など実需へと発展すると、豪資源産業がオーストラリア経済に貢献すると予想されます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2924-a3a58256

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。