米小売売上高 2015年4月14日 - 豪ドル見通し

米小売売上高 2015年4月14日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


米小売売上高 2015年4月14日

■米小売売上高
 [ 前月比 ]        0.9%   (前回数値:-0.5% 事前予想:+1.1%)
 [ 前月比:除自動車 ]   0.4%   (前回数値:-0.1% 事前予想:+0.4)

※ 米国の個人消費の動向を知る上で重要な指標。個人消費は米国のGDPの約70%を占める。 百貨店を含む小売・サービス業、約5,000社の月間の売上高を集計し、個人消費のトレンドを把握する際に利用される。



■米GDPにの70%を占める小売売上高は、前回数値を上回りましたが、事前予想を下回る結果となりました。
この結果を受けて、米ドルは小幅下落で反応しています。



■豪ドルへの影響
米ドルが小幅下落したため、豪ドルは米ドルに対して小幅上昇する展開となっています。
日足で豪ドルは対米ドル(AUD/USD)で小幅上昇し、この流れを受けて豪ドルも円に対して小幅上昇する展開が続いています。
現在の豪ドルは、米ドルの影響を強く受ける傾向があります。
豪ドル/円は米ドルの速度が値動きに影響が現れる側面があるため、豪ドル下落に対しては米ドルの上昇要因を観察しする必要があります。
(豪ドル/米ドル→豪ドルの→値動きに→影響を与える)
米ドル/豪ドル/円 = でつながっている
(米ドルに対して豪ドルが(AUD/USD)下落すると、この流れを受けて豪ドルは円に対して下落する側面があります。)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2949-cfb1d3b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。