中国鉱工業生産【3月】 2015年4月15日 - 豪ドル見通し

中国鉱工業生産【3月】 2015年4月15日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


中国鉱工業生産【3月】 2015年4月15日

中国鉱工業生産2015年4月15日
■中国鉱工業生産【3月】 
[ 前年比同月比 ] : 5.6% (前回数値:6.8% ネガティブ)



■中国の鉱工業生産の低下は、先日(4月13日)発表された中国貿易収支の減少から外需の減少が現れ、中国では、鉱工業生産の低下が進んでいる結果となりました。
中国の海外からの製品新規受注や国内内需、消費の減少、製造、生産活動が低下していることになります。
鉱工業生産の低下は、世界の工場としての位置づけである中国で製品製造を生産し、海外へと製品を輸出する外需による製造も低下も現し、中国の外需と内需は減速傾向にあることになります。



■中国工業生産の低下は生産材料(特に資源関連)の消費量減少へとつがるため、オーストラリア最大の資源輸出先の中国の資源消費量は、輸出のプロセスを通じてオーストラリア経済と豪ドルに影響を及ぼします。
(中国→オーストラリア最大の輸出先→中国の鉱工業生産→オーストラリアの中国向け資源輸出量の→プロセスを通じて→オーストラリア経済と豪ドルに→影響を与える)



■中国経済の把握(中国第1四半期GDPから抜粋)
中国経済が生産・製造業セクターと平行して、金融セクター・保険のセクターの分野でも成長すると予想しており、最近の上海総合指数(中国株の動向を表す代表的な指数)は、2011年の最高値を越えて、上昇を続けていますので、GDPの減速の反面、中国企業は生産・製造業セクターと平行して、金融セクター・保険セクターなどの新たな分野で経済の成長を目指し始めていると予想されます。

※ 中国第1四半期GDP
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2953-c85e8a1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。