英Financial Times のギリシャデフォルト報道 2015年4月20日 - 豪ドル見通し

英Financial Times のギリシャデフォルト報道 2015年4月20日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


英Financial Times のギリシャデフォルト報道 2015年4月20日

■英Financial Times の報道
ギリシャが過激左派政府の説明を受け、人々によれば、4月末までに、国際債権者との契約成立に到達することができない限り、債務不履行を宣言するの劇的な一歩を踏み出すために準備をしている。
公共部門の給料と公的年金を払うための資金が急速に不足し、合意に至らない場合、5月と6月にIMFからのギリシャへの債務返済期限を迎える25億ユーロの債務返済を保留するとしていると、発表しました。



■ギリシャデフォルトよりも救済金放棄の影響が大きい
EUやIMFがギリシャへの救済現金を放棄しない場合は代替がなく、これはデフォルトを意味し、5年前€2450、(31兆円)に達した救済金額にかかわらず、ギリシャのデフォルトは創設16年の欧州通貨統合へ前例のない衝撃を与えます。
これは、交渉戦術かもしれないが、それにもかかわらず、急速な現実性があると、英Financial Times では警戒感を強めています。



■EU(欧州連合)とIMF(国際通貨基金)の融資条件
ギリシャの財政赤字を削減する財政緊縮
※ 支出削減の1つなり、他に支援の条件として支出削減案があります。

財政緊縮法案の主な内容は・・・
公務員の1万5000人削減、年金削減など財政支出を削減することで財政健全化を目指し3年間でGDPの約7%近くに相当する規模となります。
(財政緊縮法案→財政支出削減→EU・IMFの→融資条件→ギリシャ国債の返済を円滑にし→デフォルトを回避へ期待→経済混乱回避へ→投資活動課活発化→豪ドル上昇へ)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2963-1120819d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。