日本国債格下げへ 2015年4月27日 - 豪ドル見通し

日本国債格下げへ 2015年4月27日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


日本国債格下げへ 2015年4月27日

■フィッチ・レーティングス(Fitch Ratings Ltd)が日本国債の格付けを1段階引き下げを発表しました。
A+・・・→ へと AプラスからシングルAへと1段階引き下げられました。
中長期的な格付けの見通しは「安定的」
※ 日本政府が2015年・2016の法人減税を実施予定による税収減少や、2014年の予定より多かった税収増加分を2014年に使い果たしてしまったことなどを上げています。



■日本の財政赤字は続き、大きな税収不足に加え法人税減税による、将来の見込み税収の減少が大きく影響しています。
日本の消費者物価指数(CPI)は、+0.0%と、依然としてデフレ経済が続いていますので、GDP全体に対する税収増加も見込めず、今後も財政赤字は膨らむと予想されます。
消費税による税収は一時的で、経済成長に対する税収は大きく長期的なもとなる点に注意が必要です(個人による税収も増加します)
※ 現在の日本では消費税に必要以上にこだわり、経済成長による税収を軽視している側面がありますので景気は20年間良くならないことからも実証されています。




■インフレの定義と重要性
通常のインフレは消費が拡大し需要が増加するため物の価値が高くなり、物価が上昇します。
この物価上昇数値が2.0%台を2年間以上続くことをインフレと定義されています。
通常のインフレは消費と景気の拡大を意味し経済成長につながりますので、世界の中央銀行ではエネルギーや食品の変動を除いた数値を重要視するのはことのためです。
結果として、単純インフレは経済成長を現し税収の増加を意味します。
※ 現在の日本は以上の点から、デフレ経済が続いている状況下にあり、低経済成長と税収減少から、財政赤字が続くと予想されます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2983-76609d47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。