FOMC(米連邦公開市場委員会)を控えて 2015年4月29日 - 豪ドル見通し

FOMC(米連邦公開市場委員会)を控えて 2015年4月29日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


FOMC(米連邦公開市場委員会)を控えて 2015年4月29日

■FOMCを控えて
本日4月29日 27:00 に、FOMC(米連邦公開市場委員会)で、政策金利引と今後の米金融政策の先行きが発表されます。



■金融市場では、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の声明文で利上げげ時期と利上げに対するの米経済が利上げに対して適切であるかなど、政策金利引き上げに関する内容がキーワードになります。
金利引き上げ時期の明確性や金利引き上げが米経済に適切だあるとの言及があると、米長期金利の上昇を先行期待から米ドルは上昇する可能性が高まります。
(米政策金利→引き上げ→金利差の魅力→拡大→米ドル買われ上昇する)



■前回のFOMC
3月19日のFOMC後のでイエレンFRBは声明で、政策金利に関するキーワード「忍耐」(patience)が削除し、今後米政策金利引き上げの可能性が示唆した一方で、イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長が、「輸出は弱いもよう」 「経済成長はいくぶん下がるだろう」 との発言をし、金融市場では政策金利引き上げ時期は当面先になると予想しました。



■豪ドルへの影響
最近の豪ドルは対米ドルに対して上昇しているため、豪ドルは円対しても上昇する展開となっています。
日足で豪ドルは対米ドル(AUD/USD)で上昇し、この流れを受けて豪ドルは円に対して上昇する展開が続いています。
米ドルが主要通貨で下落したため円やユーロなど他の通貨が買われている状況です。
これは、現在の値動きが米ドルなど他の主要通貨の変動が中心になっていることの現れです。
この点から、豪ドル/円は米ドルに対する豪ドルの値動きと一致する側面があるため、豪ドルの値動きを把握するには豪ドル/米ドル(AUD/USD)を観察する状況下にあります。
(豪ドル/米ドル→豪ドルの→値動きに→影響を与える)
米ドル/豪ドル/円 = でつながっている


※ 以上の点から、米ドルが上昇がすると豪ドルは下落する展開になると予想されます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/2990-29a36a44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。