豪ドル見通し < 豪ドル見通し週間レビュー > 2015年5月9日 - 豪ドル見通し

豪ドル見通し < 豪ドル見通し週間レビュー > 2015年5月9日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル見通し < 豪ドル見通し週間レビュー > 2015年5月9日

週間レビュー1098

< 豪ドル見通し週間レビュー >

■豪準備銀行(RBA)が政策金利を引き下げ、過去最低水準の2.0%となりました。

同時発表された、RBA声明分では(1) 家計需要と雇用の動向は改善し、成長を示唆 (2) 強い企業の借入による景気拡大 (3) 政策金利引き下げの必要性の文言を削除 の3点が示され金融市場では、RBAによる政策金利引き下げサイクル(金融緩和)が終息たと観測が強くなっています。



■豪準備銀行(RBA) 4半期金融政策報告
豪経済成長(GDP) は、トレンドより下回って成長すると予測され、前回2月の金融政策報告時よりも、GCPの予想を引き下げました。
鉱業投資は急激に減少しますが、2年後に大規模LNG(液化天然ガス)プロジェクトは完了し、生産が始まることになっており、昨年起きたインフレ(CPI)の下落よりはいくぶん改善が見込まれます
輸出は成長しGDPに対するかなり大きな貢献をすると予想され、特にLNG(天然ガス)の輸出は、強く成長することになっています。
このLNGは 0.75%分のGDPを押し上げると、RBAでは予想しています


 豪ドルは米ドルに対して下落が進んでいるにも関わらず、貿易収支はマイナス圏で推移しているのが現状です。
これは、輸出している資源価格が下落していることを現しています。
この点から、豪貿易収支は輸出の増減よりも資源価格の下落に影響する展開が続くと予想されます。
(中国への資源輸出→米ドルを経由する→豪ドル→米ドルに対して大幅下落中→輸出を決済する過程で→金額ベース→増加→一方で→資源価格→下落→輸出金額→下落へ→豪貿易収支ネガティブと捉える)

RBAではこの資源価格の下落により貿易収支が悪化し、豪ドル価値は下落し結果として豪ドル安により、ネガティブな貿易状況が相殺(Offset)されると示唆しています

※ 豪準備銀行(RBA) 4半期金融政策報告(クリックでリンクします)



■豪貿易収支
[ 3月 ](季節調整済み)
(-)13.22億豪ドル  (ネガティブ)
      [ 輸出 ]    274.80億 豪ドル(当月)
      [ 輸入 ]    287.07億 豪ドル(当月)

※ 12ヶ月連続でマイナス圏で推移

■貿易収支と今後の見通し
貿易収支の内訳を見ると、輸出項目で資源商品の輸出が減少が続き、資源商品の輸出額の改善はなく、今後豪貿易収支はLNG(液化天然ガス)の増産が進みつつありますので、豪資源関連と豪ドル連動性にはLNG(液化天然ガス)を含む資源関連指標を把握していく状況にあります。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/3014-61ae2f9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。