豪製造業PMI(AiG製造業指数)【4月】(2/2) 2015年5月15日 - 豪ドル見通し

豪製造業PMI(AiG製造業指数)【4月】(2/2) 2015年5月15日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪製造業PMI(AiG製造業指数)【4月】(2/2) 2015年5月15日

豪PMI2015年5月15日2
■豪PMI(豪製造業景気指数)【4月】 (2/2)
※ 豪PMI(豪製造業景気指数)【4月】(1/2)(クリックでリンクします)



■サブインデックス(豪PMIの構成要素)
小売    44.7ポイント   (1.5ポイント減少)
輸出    47.6ポイント   (4.7ポイント減少
運輸    47.2ポイント   (0.4ポイント減少)
在庫    45.9ポイント   (2.5ポイント増加)
雇用    49.2ポイント   (2.1ポイント上昇
新規受注  47.4ポイント   (1.6ポイント増加)
生産    49.3ポイント   (2.7ポイント増加




■豪製造業PMI構成項目
7項目のセクター全てで、50.0ポイント割り込み、豪製造業全体ベースではネガティブな状態が続いています。
※ 豪製造業PMIは豪経済指標の先行指数の傾向が強い(豪経済指標を先に知ることができるので重要)



■豪製造業部全体では、2015年2月から改善が進み、生産・雇用の面で改善が進んでいます。
その反面、輸出産業は小幅改善大きく減速し、金融市場のコンセンサス(市場の考え/市場の合意)と一致しています。
鉱物資源、特に鉄鋼石価格の下落が豪貿易輸出の金額ベースで減少させ、資源産業の減速へとつながっています

豪ドルが米ドルに対して下落すると豪貿易収支は金額ベースでの増加しますが、資源価格の下落や資源輸出量の減少が大きく反映され、豪貿易産業は金額ベース上では減速し、実際の製造産業は低迷していると予想されます。
(資源輸出→米ドルを経由する→豪ドル→米ドルに対して大幅下落中→輸出を決済する過程で→金額ベース→増加→一方で→資源価格/輸出量→下落/減少→輸出産業→豪貿易収支ネガティブと捉える)


※ 豪PMI(豪製造業景気指数)【4月】 (1/2)(クリックでリンクします)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/3031-2a4a61da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。