豪準備銀行(RBA)議事録公表 2015年5月19日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA)議事録公表 2015年5月19日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA)議事録公表 2015年5月19日

■豪準備銀(RBA)が議事録を公表しました
※ 5月5日の理事会(政策金利・声明文分)の議事禄(内容)


(1)「5月もしくは6月に利下げの可能性がある」
(2)「将来の金利変更の余地を制限せず」
(3)「豪ドルはさらなる下落の可能性があり必要である」



■金融政策への言及(豪ドルの値動きに影響する)
(1)・・・→RBAは5月か6月か、どちらかで利下げを検討し、結果として5月に政策金利を引き下げました。

(2)・・・→※ 5月5日の声明分で、政策金利引き下げの必要性の文言を削除しましたが、今後の政策金利引き下げの可能性を排除せず

(3)・・・→政策金利引き下げは、経済成長を促進する効果がある一方で、豪ドルの下落要因となりますので、今後豪経済指標が悪化すると、金融市場は政策金利引き下げの先行きを織り込みますので、豪経済指標の確認が必要となります。
(政策金利引き下げ→借入コスト低下→企業の資金借入→後押し→企業→事業規模→拡大へ→経済活動増加→経済成長へ)
(政策金利引き下げ→借入コスト低下→家計の消費者意識→改善→消費→増加へ)



■豪経済への言及
家計消費の伸びは2014年後半からゆるやかに上昇し、最近の指標は消費が非常に低い金利、比較的強い人口増加と貯​​蓄率の緩やかな低下によりされ、徐々に上昇し続けるだろうと予想されます。
(人口増加→消費→増加→物の生産→増加→企業収益→増加→雇用増加へつながり→家計所得増加→消費が増加するサイクル)
(貯蓄率→低下→家計は→貯蓄より→消費を優先している→消費増加傾向の側面を反映している)


資源輸出量は2014年第4四半期に強く成長していました。特にLNGの新しい生産は経済成長への強い貢献をし続けることが予想されます。
※ 資源の輸出量は増加しましたが、資源価格が下落しているため金額ベースの輸出は減少しています
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/3038-a3165d35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。