豪準備銀行(RBA)金融政策発表 2015年5月5日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA)金融政策発表 2015年5月5日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA)金融政策発表 2015年5月5日

■豪準備銀行(RBA)が、政策金利を2.00%で据え置くことを発表しました、
豪政策金利は過去最低水準の2.0%で推移しています。



■重要な言及項目
・豪経済は成長を続けていることを示唆しているが、長期的平均レート以下の水準で推移
・豪ドルは、米ドルに対しては下落したが、他の通貨に対しても下落が必要
  (今後、金利が上昇し金利の差益を魅力とした豪ドルの上昇に対して警戒)





■今後の政策金利の動向を把握する
ここ数ヶ月にわたって住宅市場への融資の企業や成長に強い貸付で、全体的に緩やかな成長を記録しています。(特にシドニーでの住宅価格は強い上昇)
他の資産市場では、債券利回りの一部の上昇(金利上昇)にもかかわらず、株式および商業用不動産の価格が低い長期金利によってサポートが必要とされ、、民間借り手の長期借入金利が著しく低いとRBAは言及しています。
これは、豪経済状態の改善に伴い、安全な豪国債が売られ金利が上昇する債権があいるつつも、低金利による企業融資や株式市場への投資資金の流動性が必要とされる、一部でゆがみが見られる側面があることになります。
(政策金利→低金利→資金を借入れ易い→企業・家計→経済活動→促進→経済成長促進へ)

以上から、現在は低金利が必要な状況下にありつつも、今後は政策金利を引き上げる可能性があることを示唆しています。
(一部の債権→金利上昇→市場は融資・資金→必要としない側面がある→今後→政策金利の動向に影響する)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/3062-0064c6cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。