豪準備銀行(RBA)議事録公表 2015年6月16日 - 豪ドル見通し

豪準備銀行(RBA)議事録公表 2015年6月16日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪準備銀行(RBA)議事録公表 2015年6月16日

■豪準備銀(RBA)が議事録を公表しました
※ 6月2日の理事会(政策金利・声明文分)の議事禄(内容)


(1)為替レートは前年の最低レベルの水準まで下落した(対米ドル)

(2)「貿易加重ベースで為替レートの現在のレベルが、正常でバランスのとれた成長を達成するために期待されるよりも少ない援助を提供し続けている」

(3)「家計支出は低金利​​と強力な人口増加に支えられ、堅調に推移していることが予想されます」

(4)「過去6カ月で、労働市場の状況に何らかの改善があったものの、労働市場に空き容量(労働供給が多く、企業からの需要が少ない)がります」



■金融政策への言及(豪ドルの値動きに影響する)
RBAは5月に政策金利を引き下げましたが、6月の豪金融政策においても豪経済および豪財政状態に関する情報を評価するために適切であったの見解を示し、政策金利は低金利で(2.0%)維持することが適切であるとしています。

敵金利政策は、経済成長を促進する効果がある一方で、豪ドルの上昇を阻む要因となりますので、低金利政策が継続する間は豪ドルの大幅な上昇の可能性は低く、ゆっくりとした上昇や急激な下落の可能性があることになります。
(政策金利引き下げ→借入コスト低下→企業の資金借入→後押し→企業→事業規模→拡大へ→経済活動増加→経済成長へ)
(低金利政策→継続→金利差の魅力→低い→豪ドルの上昇を→阻む)
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/3094-b509172a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。