豪ドル円90円割れへ 2015年7月24日 - 豪ドル見通し

豪ドル円90円割れへ 2015年7月24日 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪ドル円90円割れへ 2015年7月24日

2015年7月24日2時間足

■豪ドル円90円割れへ
トレンドを利用した1歩先進む画期的な自動売買→
外為オンライン iサイクル注文がお勧めです


■豪ドルは、ライン(A)~(B)に沿った下落が続くとサポートライン(C)までの下落の可能性がありますので、ライン(A)~(B)以下までの、再上昇(戻し)後の最下落の値動きには注意が必要となります。
逆に、ライン(A)~(B)を越えると下落は一旦終息へと向かいますので、ライン(A)~(B)前後での値動きが重要な争点となります。



■本日、豪ドルは対米ドルに対して、2009年(リーマンショック)以来の安値を更新しており、豪ドルの下落水準が加速しています。
円に対しては、円が日銀量的緩和策により、豪ドルに対してはやや下落速度は遅い状況に位置しています。
現在の豪ドル円は政策金利が過去最低の2.0%で推移し、買われる材料とはなりませんので上昇は限定的で、更に豪ドル/米ドルの下落が豪ドル/円の流れにも総傾向があり、この点からも上昇が限定的となり、逆に下落バイアスが強まっています。
米ドル豪ドルの構図が成り立ちます。

※ 日銀量的緩和政策=貨幣を市中に供給するため円の価値が下落し、主要通貨は円に対して上昇する
※ 日銀量的緩和政策による円の価値下落よりも、豪ドルの価値下落が強いため豪ドル円の上昇は限定的であり、豪ドル/米ドルの影響を受けた下落の可能性があります
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ausdollar.blog70.fc2.com/tb.php/3174-9a1d6c94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。