豪生産者物価指数(PPI)  (ランクA) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

豪生産者物価指数(PPI)  (ランクA) FX 初心者向け解説 - 豪ドル見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


豪生産者物価指数(PPI)  (ランクA) FX 初心者向け解説

FX 初心者向け解説

豪生産者物価指数(PPI)
 (ランク:A)


(A)豪生産者物価指数は物価価格の変動を生産者側から測るものとなります。生産者によって生産された商品が販売されるプロセスを通じて、消費者物価指数や商品価格に数値面で影響を与える経済指標になります。
(生産者物価指数→生産者側の視点からの指数⇔消費者物価指数→消費者の視点からの指数)


(B)豪PPI(生産者物価指数)は、生産品の価格と原材料価格を意味するため、PPIの価格変動は、販売品の価格を通じて消費者物価指数に影響することになります。
(生産者物価指数→生産品・原材料→価格を表す→販売品の価格を通じて→消費者物価指数へ→影響する→結果的に豪ドルの値動きに影響する)



■豪生産者物価指数(PPI)と投資活動の関係(投資活動の視点)
生産者物価指数(PPI)が低下すると販売品の価格下落を通じて消費者物価指数の下落傾向が強まります。

投資活動の視点から見ると、RBA(豪準備銀)は、インフレ率を景気動向を知る手掛かりとして重要指標に位置付けています。そのため、消費者物価指数の変動が消費者物価指数を通じてRBAの政策金利に影響を及ぼします。
(RBAが政策金利の判断に→インフレ率を→参考する→PPIの変動は→消費者物価指数・インフレ率に影響する→RBAの政策金利の決定判断になる)



■政策金利により、豪ドルの金利差の魅力が変化し、投資資金は魅力のある方向にながれていきます

結果:ポジティブ
「RBA(豪準備銀)→政策金利の決定において、インフレデータを参考にする→生産者物価指数(PPI)の上昇は→消費者物価指数(CPI)上昇要因→インフレ上昇→政策金利据え置き・引き上げ観測強まる→豪ドルの金利差魅力が維持される→豪ドル上昇へ)


結果:ネガティブ
「RBA(豪準備銀)→政策金利の決定において、インフレデータを参考にする→生産者物価指数(PPI)の下落は→消費者物価指数(CPI)下落要因→インフレ低下→政策金利引き下げ観測強まる→豪ドルの金利差魅力が低下する→豪ドル下落へ」
豪ドル見通しのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
この度、ホームページアドレス(URL)を移転しました。
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
お手数ですが、下記のURLの選択を、お願い致します。
新ホームページアドレス http://fxlabo.jp
旧アドレスをブックマーク等されている方は、お手数ですが変更を宜しくお願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。